V-Lap不織布

特徴
V-Lap不織布は、繊維の並びがタテ方向であることから、高機能原綿(「エルク®」「ソロテックス®」など)と組み合わせることにより、高反発性、耐ヘタリ、嵩高、軽量、高通気性等繊維クッションとして非常に優れた特徴を有するとともに曲げやすく、易成型性等の特徴も有します。
用途
電車・自動車・家具などのシートクッション、寝具・マットレス、自動車吸音材、断熱材、衣料資材、靴資材、フィルター など
構造
繊維クッションとしての特徴「エルク®」「ソロテックス®」等と組み合わせる
繊維が厚み方向に配列しているため、V-Lap不織布の荷重―変位曲線は、初期変位がウレタンフォームに近いものとなる。また、V-Lap不織布を使用しクッションを作成し着座した場合、既存不織布のクロスレイタイプに比較し、体圧分布に優れるものとなっている。
●蒸れにくい
睡眠時の背の温湿度
睡眠時の背の温湿度
●体圧分布が良い
体圧分布
●クッション感が良い
荷重―変位曲線
●高通気
高通気
繊維吸音材としての特徴
●吸音性が高い
吸音性
●軽量
軽量
その他の特徴
●屈曲性が高い
屈曲性
●易成型性
易成型性
●安全性
燃焼時の発生ガス
●易リサイクル性
◆原料リサイクル
◆マテリアルリサイクル

  等が容易です。
●難黄変
難黄変